屈折矯正、つまりレーシックで視力を回復させてみませんか?

北里大学眼科

北里大学眼科は、北里大学病院の眼科であり、神奈川県の相模原市にあります。

バスでのアクセスも可能で、電車であればJR相模線の原当麻駅から行くのが最も便利です。

大学病院ということもあり、最新技術を積極的に取り入れている医院です。

受診の際には、掛かりつけ医からの紹介状が必要です。

これは待ち時間を緩和するために、紹介状に書かれた情報を参考にするという意図で取り入れられているシステムです。

なので決して特定の人でないと受診できないというわけではなく、誰でも受診が可能です。

初診外来を受診する場合は、外来表で担当医を確認すると良いです。

曜日によって担当医が変わるので、屈折矯正が専門の医師が初診担当の日をチェックしましょう。

それによって、初診から専門的なアドバイスを受けることができます。

北里大学眼科は、大学病院ということもあり、最新の研究に素早く対応しているというのが特徴です。

レーシックやPRKを初め、多くの屈折矯正を日本で最初に導入している医院です。

また総合大学ということもあり、学部間での連携がスムーズという特徴もあります。

それによって、他学部やメーカーによって開発された最新の機器を積極的に取り入れています。

また、角膜・屈折矯正手術を眼科内の1つの部門として確立しています。

なので、レーシックについて大学での専門的な研究がなされている医院だと言えます。

新しい診療方法や手術方法の開発にもかなり力を入れています。

屈折矯正は、基本的には角膜にフラップを作って角膜の実質層を露出させ、そこにエキシマレーザーを当てて角膜を削ることで視力を矯正します。

角膜のフラップ作成に主にフェムトセカンドレーザーが使用されています。

これはレーザーのエネルギー量が小さく、角膜の破壊をできるだけ少なくする技術のレーザーです。

レーザーを用いてフラップを作る屈折矯正なので、感染症の心配が少なく、正確に処置を施すことができます。

また、フラップを作らない技術としてはSMILE(スマイル)という、新しい屈折矯正技術が使われています。

フラップを開いてしまわず、角膜にほんの少しだけ切開創を作り、そこから内部の手術を行うという方法です。

他には角膜を削らない屈折矯正として、眼球内にレンズを埋め込むフェイキックIOLの手術も対応しています。

ここでは穴あきICLという、最新のレンズを使用することができます。

穴あきICLはフェイキックIOLにありがちな術後の眼圧上昇を抑える効果があります。

このように北里大学眼科は最新技術をどんどん使って、新しい屈折矯正手術を受けることができる医院です。

最新記事

  • 北里大学眼科は、北里大学病院の眼科であり、神奈川県の相模原市にあります。 バスでのアクセスも可能で、電車であれ …

    北里大学眼科

  • 順天堂医院は、正式には順天堂大学医学部附属医院と呼ばれています。 御茶ノ水に位置する順天堂医院の他、千葉県浦安 …

    順天堂医院

  • 三井メディカルクリニックは、東京赤坂に医院を構える総合医療のクリニックです。 眼科では屈折矯正に関する医療も行 …

    三井メディカルクリニック